景気の名前

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060501-00000022-mai-soci 参照

みなさんも歴史などで「いざなぎ景気」や「神武景気」、「岩戸景気」など習ったんじゃないでしょうか?

さすがにそれらは分からなくとも、「バブル景気」はたぶん全国民知っていてもおかしくないでしょう。

そんな数々の景気に名前がついてるんですが、それらの由来が「国生み」といわれるものです(詳しくは↑のサイトで)

そして今回の景気にも名前を・・・となるのですが

内閣府は「決めるつもりはない」と言っているそうです。。

候補といいますか・・・いろいろと挙げられているのが

「いざなぎ」を超える前提で「たかみむすひ景気」 高御産巣日(たかみむすひの)神は古事記でイザナギ・イザナミより前に出てくる神という。

「都市と地方の格差は地価にも表れている。誰もが幸福な状態ではない」と指摘し「格差方景気」

同じような意味で「低体温景気」 「どこかで熱が出ているが、全体に回らず冷めたまま。過熱感はまったくない」

などなど色々と言われてみれば「なるほどなぁ」というネーミングだと思う。

そこでオイラも1つ考えてみましたぁ~!!!!(ご勝手ながら

名づけて・・・

「危機的景気」

「○○景気」という名前がつくだけで「なんか景気がいいんじゃないかな」という

具体性のない事実に浮かれる恐れがある。

そして今回の景気向上は一部の人やIT関連の社長などにはプラスなことかも知れませんが、国民としては、そんなに景気が上がったと思えません(現にニートやフリーターの増加や子供が多くて大変とかいう家族もいることですし)

なので、全国民が幸せに暮らせて、そして「景気はホントに良くなったんだな」と感じられるくらい具体性のあるものになってこそ、ちゃんとした名前をつけることができるんじゃないでしょうか?

はい・・・・なんか難しいコト言っちゃいました。。スミマセン

ちなみにこの記事200個目です!!!

ここまで書けるのも皆さんのおかげです!!ホントにありがとうございます!!

| | コメント (1) | トラックバック (1)