駆け引き

みなさんにも経験あると思いますが・・・

そんなに欲しくないものも、相手から「ちょうだい、ちょうだい」と言われると

「あ~げない」と言ったり、何か条件をつけてあげるといった意地悪したこと、されたことありますよね?

この現象がプロ野球界にもおきてたんです。

その例は、かつての「いてまえ打線」の中軸。中村紀(中日)&ローズ(オリ)

中村は全球団からトレード拒否をくらい、そしてオリックスから解雇され

一人身となったところで、中日で育成枠選手としての入団テストを行い、無事入団。

しかし・・・考えてみれば中日はオリックスに何もせず、中村を低年俸で雇うことに成功したのです。

これこそ最初は雇わないと言っておいて、相手が一人身になり行き場を失ったトコで

低年俸だろうが育成枠だろうが何でもいいなら入団テスト受けていいよ。といった感じでしょうか?

中日にまた1枚右の長距離砲が加わったのは、かなりの脅威でしょう(ケガさえなければ)

ローズも、ブランクがあったとはいえ日本のシーズン本塁打記録保持者ですからね。

こちらも清原の故障などで長距離砲不在の事態でしたからね。

・・・・・・・などと今頃?と思われるようなことを書いてみました。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

理想の制度

最近話題の「西武裏金事件」

その背景として浮き彫りになってきた「希望枠の撤廃問題」

そこで俺の理想のドラフト制度は

①高校生・大学生・社会人の分離を廃止(同一化)

②指名拒否後、社会人で1年プレーすればもう1度指名可能。

③それらに加えて、FA権取得を5年間~7年間に短縮する。

④さらに大リーグ移籍に向けてのFA権取得は9年間にする。

コレでどうでしょう?

みなさんの感想・指摘などありましたら、どうぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

今年1年の野球を振り返って

今年のプロ野球はまず世界初の野球界の頂点を決めるWBCで始まりました。

そして世界一をを見事に勝ち取りました。

この結果は日本球界にも、世界中にも多くの影響を与えましたね。

そして高卒スタメンマスクの炭谷(西武)辻内(巨人)、平田(中日)、平野(オリックス) 

2年目を迎えるダルビッシュ(日ハム)、涌井(西武)など注目された今年のプロ野球が始まりました。

そして2年目の交流戦はロッテがヤクルトとの接戦に勝ち、見事交流戦2連覇を達成!!

そしてセ・リーグでは阪神と中日の首位攻防戦が連日行われ、9ゲーム差から一気に主意奪還目前まで迫った阪神。落合監督の「逃げるほうが楽だろうと思ってたけど、本当にしんどかった」という言葉があの接戦の激しさを物語っていましたね。

一方パ・リーグは西武、日ハム、ソフトバンクの三つ巴での首位攻防。

首位でプレイオフを向けたい3球団が必死に1つの席を奪い合う戦いは本当に圧巻でした。

そして日本シリーズはプレイオフ第1ステージで勝ち上がったソフトバンクを力でねじ伏せた勢いそのままに日ハムが見事日本一に輝き、そして新庄の花道を見事に飾りました。

アジアシリーズも日本代表の日ハムが見事優勝。2冠を達成しました。

そんな日本球界から来年は松坂(レッドソックス)、井川(ヤンキース)、岩村(デビルレイズ)、岡島(レッドソックス)そして巨人を退団した桑田(パイレーツ)がいなくなってしまいます。

そんな今年の日本球界、本当に楽しませてもらい感謝の一言と言いたいところですが・・・

もう一言言いたいことがあります。

それはポスティング制度です。

松坂ら日本球界のスター選手が大リーグに挑戦したいという気持ちは分かります。

しかし、メジャーに行ってしまったら日本球界はどうなるのよ?という気持ちが強くなります。

このままでは青木(ヤクルト)が宣言したように何年後かに強くなった選手が皆、メジャーに言ってしまうような気がしてなりません。

野球人気の低迷とうたわれているこの時代に、野球を盛り上げられる魅力のある選手がいなくなってはメジャーとか日本球界とかいう場合ではなくなります。

俺は素人ですが・・・

①FA期間を9年から7年にする。

②ポスティング制度で選手の交渉権を譲る代わりに、相手球団からも選手を輩出する人為補償(?)を行う。

という風にするといいと思います。(ほとんど野球解説者の方が言ったことですが^^;

他にも明確なトレード制度やレンタル制度を設けるなどしたりするとイイと思うんですよ。

来年の日本球界の繁栄とファンを楽しませてくれることを願います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

日米野球

今日で日米野球が終わりましたが・・・とても残念な結果でしたね。

日本は5戦中0勝5敗・・・つまり全敗・・・・

これは、ベーブ・ルースやルー・ゲーリッグらがいた頃の1934年以来の72年ぶりの全敗でした・・・

この大いなる敗因にはサルでも分かるような原因です。

「選手層の差」

相手は本塁打&打点王のハワードを4番に、盗塁王レイエスらをはじめ

去年の世界一ホワイトソックスの原動力のダイ、ヤンキースのマイヤーズなど

メジャーで実績あるトッププレイヤーがWBCの借りをを返すべく

キャンプを張ってまで挑んできたんです。

しかし対する日本は・・・・

辞退者が25名というざま・・・・これじゃあ~負けて当然よ。。

日本一の日本ハムからは小笠原だけ(こちらはアジアシリーズがありますが・・・)

セの覇者・中日からは1人も出ていない。。

そんな状態じゃ勝てたかもしれない試合も落としますよ。。

楽天や巨人、横浜、ロッテなどから多く出てた感じがします。

いずれも今シーズンあまり振るわなかったチームばかり・・・

上位を占めていたチームがほとんど排出しないとは・・・と嘆くばかりです。

ですからここまでダメダメですが、出場していた選手には日本人として、野球選手としての誇りを充分に感じました!!!お疲れ様でした!!

野村ジャパンの元にキャンプやトレーニング、オフといった予定があるなかで、よく頑張っていたと思います。

小林(ロッテ)、井川(阪神)、和田(ソフトバンク)らは粘り強い投球でした。

内海(巨人)は第1戦の先発という大役をよく思います。

しかしリリーフ陣が少し力が及ばなかったですね。。(馬原は圧巻の投球でした)

村田(横浜)は試合が進むたびに感覚が戻ってきたようにスイングがよくなってきてました。

青木(ヤクルト)、福浦(ロッテ)、里崎(ロッテ)、大村(ソフトバンク)・・・・etc

みんなすごかったです!!

野村監督はシーズン後も「ぼやき」が止まらなかったですね。

オレはアメリカに本当に申し訳ないと思います。

WBCという舞台で日本がようやく「野球が強い国」というアピールできたのに

親善試合だからという理由やケガだの何だので断って・・・

次は日本がこの借りを返すべく全力で挑んでくれることを願っています。。

(次回は松坂や井川がもしかしたら敵の投手で出てくるかも・・・)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

41歳の快挙

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/sports/chunichi_dragons/?1158394090

中日ドラゴンズの山本昌広投手が41歳1ヶ月のでの快挙

ノーヒット・ノーランを達成しました!!!!

※野球をあまり知らない人へ(ノーヒット・ノーランとは9回を1人で投げきってなおかつ

1本もヒットを打たれなかった試合のこと)

4回に中日の森野内野手が阪神の赤星のサードへの当たりを弾いてしまい

これがエラーの記録。結果的にはこの1回だけの出塁で、阪神は正真正銘完敗でした。

この森野のエラーさえ無ければ、無四球だったので完全試合だったんですがね・・

(ちなみに無四球でのノーヒット・ノーランは1リーグ時代の48年以来2人目だそうです)

中日の中で1番好きな選手なだけに手放しに喜びたい・・・・けれど

阪神のゲーム差も6になり、中日のマジックも15となり

中日の優勝が現実味を帯びてきたんでね・・・

阪神も球団史上初の2連覇の可能性は残ってる!!

山本昌の強運をおっそわけしてもらって頑張れ~!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

横浜が記録を塗り替え優勝!!&城島大活躍!!

横浜高校が松坂(現西武)以来の春の選抜高校野球を制しました。

いやぁ~野球狂のワタシが何故高校野球の記事を1つも書かなかったかって?

それは・・・もう試合を見たりするだけで精一杯でした。(今回はあまり見なかったほうですが

完封試合や圧勝で勝ちあがる試合なども多かったですね。

序盤は地元の高校やなども完封で勝ちあがってくれてホッとしてましたが・・・

でもすごかった。。何がというと・・・

昨日の試合は2安打完封・・次の日は13失点みたいな投手がいっぱいいた。

そして引き分け試合・・早稲田実業の斉藤投手は気の毒だった。。

3日連続の試合で394球だったかな。絶対疲れ出てるよね。

2番手ピッチャーの大切さがホントに分かった。

今までの高校生のピッチャーは9回投げきるものだっていう堅い常識が覆ったかな。

たしかに負けてても9回投げきる投手は見てて圧巻だし、魅了される。

でも何人かのピッチャーにつないでいく投手リレーもイイと思う。

そして横浜高校は・・・「強打の横浜」という看板をぶら提げながらも・・・

決勝では盗塁を9個決めたりなど・・足でかき回し相手のピッチャーを混乱させ

そして一発や長打、短打で点を取る。

まさにWBCの野球が高校球界にも影響ウを及ぼしたような感じでした。

「スモール・ベースボール」

今まさに全世界の野球が見直されていると思う。メジャーでもホワイトソックスがワールドチャンピオンになり(去年)WBCでも日本が世界1位になった。

これからは豪快なホームランの魅力だけでなく、盗塁や送りバントなど足を使った野球も主流になってくると思います。

そして話変わって、マリナーズに今季移籍した日本人初の捕手「城島選手」

なんと開幕から2試合連続のアーチに、ワタシもビックラこいてますw

しかしチームは1勝1敗。。開幕での負けは本人はすごく悔しかったそうです。

でも今日勝てたので、もう城島に不安はないでしょう(多分最初から無かったかな^^;

| | コメント (1) | トラックバック (1)

成績発表!!

ちょっと遅れましたが・・・WBCのベストナイン&MVPを発表したいと思いま~~す♪

投手・松坂(西)

    パク・チャンホ(あってるかな?)(韓国=パドレス)

    マルティ(キューバ)

捕手・里崎(ロ)

一塁手・イ・スンヨプ(韓国=巨)

二塁手・グリエル(キューバ)

三塁手・ベルトレ(ドミニカ共和国=マリナーズ)

遊撃手・ジーター(アメリカ=ヤンキース)

外野手・イチロー(日本=マリナーズ)

     イ・ジェンウ(これもあってるかどうか・・)

     グリフィー(アメリカ=レッズ)

DH・ガルロボ(キューバ)

      以上のかたがたです!!おもえでとうございます^^

韓国の人らは読み方分かりません。。特に外野手の。。

また分かったら訂正しときます。。

日本から3人ですね。

イチローは言わずと知れた大活躍。。そして日本を引っ張っていってくれましたね。

松坂も無敗のうえ奪三振も多く、今大会で大活躍!!(上原も選ばれたら良かったのになぁ・・・)

そして里崎もよく日本勢の正捕手として、WBCの特別なストライクゾーンなどにも上手く対応し、日本の投手たちをリードしてくれましたね。さらに、打撃でも日本に勢いをつけるような一発などえお打ってくれましたね。

さぁ・・栄えある初代WBCMVPに選ばれたのは・・・

ジャン!!ジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカ・・・・・・

           ジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカ・・・・・・

               ジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカ・・・・・・

                                  ジャン!!

MVPは・・・

           

         松坂投手ですッッ!!!!!

いやぁ~~よく選ばれましたね!!日本の松坂がWBCの1番最初のMVPですよ!!

こりゃ日本全体にも栄誉あるコトだとおもいます。。

ぜひ第2回大会でも日本からMVP・・いや優勝したいですね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本!!WBC初代王座!!

今日の日本VSキューバは日本が初回の猛攻もあって10ー6で勝利しましたッッ!!

でわ戦況を・・

初回、イチローの四球や松中の内野安打などで、、1死満塁から多村(横)の押し出し死球で、1点を先制!!

なおも、2死満塁から小笠原(日)の押し出し四球で1点を追加すると、続く今江が2点タイムリーを放ち4ー0とキューバをいきなり突き放します・・

そのウラは1度キューバに勝っている松坂(西)がマウンドへ

しかし松坂の4球目・・キューバの1番・パレットに先頭打者ホームランを浴びます!

が・・・

そんなコトで日本のエースは、へこたれません。。

その後の後続も断ち切り、みごと好投しました!!(奪三振多いッ!)

そして5回にもイチローの二塁打を足がかりにキューバ投手陣を攻め、2点を奪い、リードを5点に広げた。(多村の内野安打、小笠原の犠牲フライで2点)

しかし6回ウラ、、5回に2番手としてマウンドに登った渡辺俊(ロ)がこの回、川崎(ソ)のエラーからキューバ打線につかまり、2失点を喫しました。(普段の川崎なら2回連続エラーなんてありえないが。。)

さらに8回ウラ、3番手藤田(ロ)に変わるが・・5番・セペダレフトスタンドに飛び込む2ランホームランで2点返し、1点差に詰め寄られます。

そして9回表、西岡(ロ)のセーフティープッシュバントで1死1、2塁にし

イチロー(マリナーズ)のライト前タイムリーで川崎が俊足を飛ばしホームイン!!1点を追加!!

(足でホーム踏めないので、右手で相手キャッチャーの足を潜り抜けてタッチした。。あの一瞬で見事だ。。)

そして代打で、韓国戦のヒーロー福留(中)が2ストライクに追い込まれながらも

この前の試合のごとく大活躍!!レフト前タイムリーで2点をさらに追加!!

続いた里崎(ロ)が2ストライク2ボールから粘った後の10球目を見送って四球!!

その後1死満塁でまたまた小笠原の犠牲フライで1点追加!!

この回、4点を追加する猛攻でした。(相手ピッチャーがこの回だけで3人くらい代わった)

そして8回に藤田と代わった大塚(レンジャース)が引き続きマウンドへ

1点を失ったものの、後続を抑え試合終了!!!!

みごと栄光の世界一の称号を手に入れましたッッ!!

記録の方は、また後ほど書きます!!

王ジャパンよくやりました!!

日本の野球の強さ・・・・アジアの底力・・・野球の楽しさ・・・プロ同士の真剣勝負・・・

まさに白熱した、、そして目が離せない3週間でした。。

3年度がホントにたのしみです。。

ぜひ・・2回3回とずっと王者でいてほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

日本韓国に雪辱晴らす!!

いやぁ~~今日の日本は圧巻でしたね。。「アジアの盟主」の座を取り戻せたんじゃないでしょうかね!!

今日の先発は国際試合いまだ負け無しの日本のエース上原(巨)

この上原がいいピッチングをしてくれました!!!

7回、86球、3安打、8奪三振、無四球で、今大会2勝目を挙げました!!

イチロー(マリナーズ)も5打数3安打1打点の2盗塁と今日の試合に全力を出してきたことを証明しています。

あと今日は3番にイチローだったのでポイントゲッターの役割を任されてたのでしょうが見事チャンスを広げたり、ここぞという時に盗塁で士気を上げたりと大活躍でした!!

その他にもMVPにするなら

やはり福留(中)、里崎(ロ)、多村(横)ですね!!

福留は値千金の代打2ランホームラン!!!これで日本は先制したと共に流れを一気に引き寄せましたね

そして続く里崎のタイムリーエンタイトル2ベース(ワンバウドしてスタンドに入った打球)

そして2回のバントのミスを振り払うかのような4回レフトへの大飛球(あわやホームランのあたり)

そしてそのウラ(4回ウラ)2番イ・ジョンボムのポール際の大ファールを

多村はフェンスにぶつかりながらもナイスキャッチ!!!!

さらに多村は8回雨で延長に入る直前の打席で

4回のフライのお返しと言わんばかりに、ダメ押しのソロホームラン!!!

日本はその後延長を終わって再開後も薮田(ロ)、大塚(レンジャース)が後続を切り

みごと決勝へと駒を進めた!!

相手はドミニカを破って上がってきた”赤い軍団”キューバ

過去の五輪で何度も涙を呑んだこの強豪相手に日本はエース松坂(西)が挑むだろう!

日本は1度死の淵においやられたがアメリカの敗戦で不死鳥のように復活した・・・

そして今大会負け続けた宿敵韓国にも勝つことができた!

あとはもう優勝しかない。。もう今の日本に失うものはない!!!

アジア最強の誇りなら韓国から奪い返した。

あとは世界最強の座を手に入れるだけ・・・

日本シリーズ最終戦のよう本気で向かっていけ~~!!がんばれ!!ニッポン!!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

王監督曰く・・・「99%ないと思ってた」

まさかまさかの奇跡が今日起きました・・・・・

準決勝進出はもうないだろうと思われてたWBC日本代表。。

しかし今日行われたアメリカVSメキシコ戦で

メキシコが2-1でアメリカを倒してくれましたッッ!!!(メキシコを神と崇めよう^^

3回、バレンズエラがライトへ大きな当たりを放つ。球がライトポールに当たり、本塁打かと思われたが、日本戦でも不可解な判定をしたボブ・デービットソン塁審が二塁打の判定で、無死二塁となる。

しかし、ここでカントゥがタイムリーを放ち、1点を先制!!!

同点となった5回にはまたしても、カントゥの内野ゴロの間に1点を奪い、勝ち越しに成功!!!

みごとメキシコが野球大国アメリカを破りました!!!

そして1勝2敗で日本、アメリカ、メキシコが並びました。

そして失点率で日本が準決勝に進むコトができました~~!!

これはもう神懸かってますねぇ・・・

この奇跡を(メキシコに頂いた)生かすべく

今度こそは3度目の正直として

韓国を破り「アジアの盟主」の座を取り返しましょう!!!(先発は上原みたいですから安心して見れますね)

イチローも今度は

「人生で一番快感な日」と言って欲しいですね(ぇ?

| | コメント (1) | トラックバック (2)