« 2月18日~22日 | トップページ | kina隊長からのススメ »

環境問題を考える

最近よく温暖化のニュースを聞きますよね?

今日は「和歌山県の潮岬に沖縄にしかないサンゴ礁が出来ている」というニュース

最近では、越冬しないはずのジョウロウグモが越冬に成功したとか・・・

熊がもう冬眠から覚めたとか・・・梅がもう満開だとか・・・(桜は3月の初旬に咲くようです)

「温暖化」は日本にも大きく影響しています・・・

しかし、そんな中毎日報道されるのは

殺人事件、失踪事件、芸能ニュースなど・・・

もっと国民に伝えることはないんじゃないですかね?

例えば、豊作だからといって潰していた白菜など

アレはもっと有効利用できたんじゃないですかね?

余った分を肥料にして次の年の肥やしとして利用できるのでは?

余剰生産物として多く輸出して、少しでも多く輸出額を上げるなどしてはどうだろうか?

それこそ北朝鮮に石油や貨幣での支援がしたくないなら、余った分を貧困層の激しいムラに渡したらどうだろうか?

色々考えられると思うけど・・・農林水産省は何も言ってないのか?

もっと環境の問題のことや、資源の再利用なども考えて報道してもイイと思います。

天気予報や星座・血液型占いなどもいいけど・・・

環境問題関係のことなどを伝えるとか、簡単に出来るエコやリサイクルの方法などを紹介してもいいと思います。

それか、「毎月この日は環境を考えて行動する日」とか定めて

町の清掃活動を行うとか、家族で話し合いながらゴミの分別方法を子供に教えるとか。

それかドイツとかみたいに「ゴミを分別して入れたらそのボックスからお小遣い分の紙がもらえるシステム」を日本も導入したら?

落ちてるゴミを入れるだけお金がもらえるんですよ?

結構ケチな関西人にはうってつけだと思いますけどね。。大阪の町からゴミが消えて、しかもいろんな人にもお金がいきわたるという・・・

これほど画期的なシステムはないと思うんだけどな・・・

|

« 2月18日~22日 | トップページ | kina隊長からのススメ »

コメント

ドイツの環境問題に対する取り組みの例は、面白いアイディアだね。それだったら、おこづかい目当てにゴミを拾うのが楽しくなるかも。
10年、20年、いやこれから先何百年と地球がどうなるかをしっかり念頭において、地球環境について一人ひとりが正しい知識を持って、行動していけるようにしないといけないね。

投稿: mino | 2007年2月22日 (木) 22時07分

すごい細かくてどうでもいいことだけど、ジョウログモじゃなくてジョロウグモじゃない?

投稿: -Ⅰ- | 2007年2月23日 (金) 01時28分

俺もすごく細かいんだけど、星座が正座に・・・なってる

投稿: ティク | 2007年2月23日 (金) 13時37分

>minoさん
ドイツの例もですが・・・「温暖化」という1つのテーマだけに絞ると
世界中のみんなの家に1本は木を植えるなんてことが出来ればいいですが・・・それは難しいと思うんで
小さな木をベランダに置くだけでも気休め程度でもマシになるように思います。

>雫はん&ティクさん
訂正ありがとうございました~
ちゃんと直しておきましたので。。

投稿: ある | 2007年2月23日 (金) 17時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/9679/5443863

この記事へのトラックバック一覧です: 環境問題を考える:

« 2月18日~22日 | トップページ | kina隊長からのススメ »