« ただいま勉強真っ最中 | トップページ | 自己記録更新 »

掴めそうで掴めないもの

タイトルの意味はご想像にお任せするとして…

テスト勉強のやる気が度々切れるのはおそらく体が拒否反応を起こしてるからだと論文で発表したい今日この頃。。

みなさんはチャンスをどうとらえますか?

チャンスは作るもの…訪れるもの…

まず自分自身はチャンスは作るものではなく、その場その時のタイミング(偶然)により、たまたま訪れるものだと思います。

自分はある事に関して2、3度チャンスを逃したと思います。

それは自分の自信が無かったり、勇気が出なかったりとか言いようはたくさんあるけど…チャンスを掴もうと頭で分かってても神経から伝わってなかったかのように体は動かなかった。。

掴めそうなものを掴むのは実は一番難しい事だと思う。

たとえば…テストを頑張ったら小遣いをあげると言われたら一生懸命になりますよね。

一見簡単に獲得したように思われる小遣い。当の本人には願ってもないチャンスとばかりに挑みましたよね。

それは自分の力じゃ掴めそうにないものだからこそ、掴めたんだと思います。

逆にうまくいくだろうと思うほうこそ、チャンスをみすみす逃してしまうものだと思います。

『チャンス』は悪く言い換えれば『ピンチ』にもなります。

チャンスだ!!と思ってもうまく掴めなかった場合…自己嫌悪や自信喪失、腑甲斐なさなど自分にとってマイナスな事ばかりが降り掛かる羽目になります。

結果論として何が言いたいかと言うと…

偶然生まれたチャンスがピンチの種(自分をプレッシャー地獄に追い込む根源)となる前に勇気をだし、自信を持って前に一歩踏み出せたら、どんなに遠い向こうにあるチャンスも、掴めそうで掴めなかった身近なチャンスも掴むことができると思うんです。

これは自己暗示みたいなもんなんで…少しでも俺みたいなヘタレーを減らせたらなぁと思いますo(^-^)o

|

« ただいま勉強真っ最中 | トップページ | 自己記録更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/9679/4526679

この記事へのトラックバック一覧です: 掴めそうで掴めないもの:

« ただいま勉強真っ最中 | トップページ | 自己記録更新 »