« 何か分かる? | トップページ | 12月28日~31日 »

今年1年の野球を振り返って

今年のプロ野球はまず世界初の野球界の頂点を決めるWBCで始まりました。

そして世界一をを見事に勝ち取りました。

この結果は日本球界にも、世界中にも多くの影響を与えましたね。

そして高卒スタメンマスクの炭谷(西武)辻内(巨人)、平田(中日)、平野(オリックス) 

2年目を迎えるダルビッシュ(日ハム)、涌井(西武)など注目された今年のプロ野球が始まりました。

そして2年目の交流戦はロッテがヤクルトとの接戦に勝ち、見事交流戦2連覇を達成!!

そしてセ・リーグでは阪神と中日の首位攻防戦が連日行われ、9ゲーム差から一気に主意奪還目前まで迫った阪神。落合監督の「逃げるほうが楽だろうと思ってたけど、本当にしんどかった」という言葉があの接戦の激しさを物語っていましたね。

一方パ・リーグは西武、日ハム、ソフトバンクの三つ巴での首位攻防。

首位でプレイオフを向けたい3球団が必死に1つの席を奪い合う戦いは本当に圧巻でした。

そして日本シリーズはプレイオフ第1ステージで勝ち上がったソフトバンクを力でねじ伏せた勢いそのままに日ハムが見事日本一に輝き、そして新庄の花道を見事に飾りました。

アジアシリーズも日本代表の日ハムが見事優勝。2冠を達成しました。

そんな日本球界から来年は松坂(レッドソックス)、井川(ヤンキース)、岩村(デビルレイズ)、岡島(レッドソックス)そして巨人を退団した桑田(パイレーツ)がいなくなってしまいます。

そんな今年の日本球界、本当に楽しませてもらい感謝の一言と言いたいところですが・・・

もう一言言いたいことがあります。

それはポスティング制度です。

松坂ら日本球界のスター選手が大リーグに挑戦したいという気持ちは分かります。

しかし、メジャーに行ってしまったら日本球界はどうなるのよ?という気持ちが強くなります。

このままでは青木(ヤクルト)が宣言したように何年後かに強くなった選手が皆、メジャーに言ってしまうような気がしてなりません。

野球人気の低迷とうたわれているこの時代に、野球を盛り上げられる魅力のある選手がいなくなってはメジャーとか日本球界とかいう場合ではなくなります。

俺は素人ですが・・・

①FA期間を9年から7年にする。

②ポスティング制度で選手の交渉権を譲る代わりに、相手球団からも選手を輩出する人為補償(?)を行う。

という風にするといいと思います。(ほとんど野球解説者の方が言ったことですが^^;

他にも明確なトレード制度やレンタル制度を設けるなどしたりするとイイと思うんですよ。

来年の日本球界の繁栄とファンを楽しませてくれることを願います。

|

« 何か分かる? | トップページ | 12月28日~31日 »

コメント

WBCでは、「世紀の誤審」と呼ばれる事態が起こり、日本のチームにとって大きな痛手となった。いつも冷静沈着のイチローでさえ、怒りを露にしていた。
来年も日本人メジャリーガーが数多く誕生するけど、日本のプロ野球もまた負けずに頑張ってほしいと思う。
では、良いお年を迎えてね。

投稿: mino | 2006年12月31日 (日) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/9679/4746157

この記事へのトラックバック一覧です: 今年1年の野球を振り返って:

« 何か分かる? | トップページ | 12月28日~31日 »