« 打ち上げ~ | トップページ | 美食家のススメ① »

日米野球

今日で日米野球が終わりましたが・・・とても残念な結果でしたね。

日本は5戦中0勝5敗・・・つまり全敗・・・・

これは、ベーブ・ルースやルー・ゲーリッグらがいた頃の1934年以来の72年ぶりの全敗でした・・・

この大いなる敗因にはサルでも分かるような原因です。

「選手層の差」

相手は本塁打&打点王のハワードを4番に、盗塁王レイエスらをはじめ

去年の世界一ホワイトソックスの原動力のダイ、ヤンキースのマイヤーズなど

メジャーで実績あるトッププレイヤーがWBCの借りをを返すべく

キャンプを張ってまで挑んできたんです。

しかし対する日本は・・・・

辞退者が25名というざま・・・・これじゃあ~負けて当然よ。。

日本一の日本ハムからは小笠原だけ(こちらはアジアシリーズがありますが・・・)

セの覇者・中日からは1人も出ていない。。

そんな状態じゃ勝てたかもしれない試合も落としますよ。。

楽天や巨人、横浜、ロッテなどから多く出てた感じがします。

いずれも今シーズンあまり振るわなかったチームばかり・・・

上位を占めていたチームがほとんど排出しないとは・・・と嘆くばかりです。

ですからここまでダメダメですが、出場していた選手には日本人として、野球選手としての誇りを充分に感じました!!!お疲れ様でした!!

野村ジャパンの元にキャンプやトレーニング、オフといった予定があるなかで、よく頑張っていたと思います。

小林(ロッテ)、井川(阪神)、和田(ソフトバンク)らは粘り強い投球でした。

内海(巨人)は第1戦の先発という大役をよく思います。

しかしリリーフ陣が少し力が及ばなかったですね。。(馬原は圧巻の投球でした)

村田(横浜)は試合が進むたびに感覚が戻ってきたようにスイングがよくなってきてました。

青木(ヤクルト)、福浦(ロッテ)、里崎(ロッテ)、大村(ソフトバンク)・・・・etc

みんなすごかったです!!

野村監督はシーズン後も「ぼやき」が止まらなかったですね。

オレはアメリカに本当に申し訳ないと思います。

WBCという舞台で日本がようやく「野球が強い国」というアピールできたのに

親善試合だからという理由やケガだの何だので断って・・・

次は日本がこの借りを返すべく全力で挑んでくれることを願っています。。

(次回は松坂や井川がもしかしたら敵の投手で出てくるかも・・・)

|

« 打ち上げ~ | トップページ | 美食家のススメ① »

コメント

日米野球はテレビ中継が9時前に終わってしまい、試合が最後まで見られなかったのはどうかと。来年からは、セ・リーグもプレーオフ制導入などによる選手側の負担を減らすために、日米親善試合も今年で終わりとの意見も出ているみたいだ。
ファン投票で選ばれた有力選手が数多く出場を辞退したので、ちょっぴり残念だったね。
明日からのアジア・シリーズに日本ハムの活躍に期待!

投稿: mino | 2006年11月 9日 (木) 13時58分

まぁ、メジャーはもともと強いし、仕方ないところもあったんじゃない?
辞退者多すぎだけどな。

投稿: 雫 | 2006年11月12日 (日) 11時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/9679/4116791

この記事へのトラックバック一覧です: 日米野球:

« 打ち上げ~ | トップページ | 美食家のススメ① »